ボッチ飯 ご飯になる豆乳餅への再チャレンジ
豆乳おから餅バター醬油味編

ボッチ飯

この間、FIRE関連の事ばかり書いてきたので、少し箸休め?に久々のボッチ飯について書きたいと思います。
以前からサイリウム(オオバコ)で餅状にした豆乳のオヤツを作ってきましたが、食事になる物が出来ないかと試行錯誤し、何とか食べられる物を作る事に成功しました(^^)ヤッタゼ!

豆乳餅(バター醬油味)

今回作ってみたのはバター醤油味の豆乳餅です。
ダイエットに良いと言われている豆乳餅にバターなんか使ったら、本末転倒だろとか言われそうですが、美味しければ良いんです!
ただし、自分にとって「料理は理科の実験に似ている」と書いた事がありましたが、今回は本当に失敗(良くないやり方の発見)が数多くありました

中には上手く火を通せなかったのか、お腹を下した物もあるので、そういった注意点も含めて記事にしてみたいと思います。

豆乳餅の限界?

豆乳にサイリウムを使うと餅状になるというYOUTUBEを見て、これまできなこ味を始め、色々なフレーバーの豆乳を餅状にして食べて来ました。

プリン味では、ゼラチンを使って文字通りプリンのように固めて食べたりもしましたが、どれもあくまでもオヤツの範囲内で、食事として食べられるものではありませんでした。

食事になる豆乳餅への挑戦

どうしても食事になる豆乳餅を作ってみたかったので、素の豆乳を使って豆乳餅を作って、納豆を絡めて食べたりしましたが、食べられなくは無いのですが、いかんせん、つるつるモチモチの豆乳餅と納豆の組み合わせでは、両者が滑りまくり、うまく一緒に食べる事が出来ませんでした(泪)

次に豆乳ではないのですが、野菜ジュースにサイリウムを入れたりもしたのですが、味は野菜ジュースその物なのに見た目がレバ刺しというギャップで、こちらも不味くはないけれど、見た目との違和感が大きく失敗と言って良い物でした。

焼いてみたらどうだろう?

そのまま食べるのがダメならば、磯部焼きのように醤油で焼いてから海苔で包んで食べたら美味しいのでは?と考えて、さっそく実行してみました。

これが見事に大失敗、冷蔵庫で冷やして固める前に、一度レンジでチンしているので焼いても大丈夫だろうと思ったのですが、実際にフライパンで焼いてみると、ドロドロに溶けて具の入っていないもんじゃ焼き? のようになってしまい、味の方も今一つでした。

あまりのショックに画像を撮る事を忘れてしまい、お見せ出来ないのが残念です。
でも、これはお腹を壊す事はありませんでした。

おから粉を使い豆乳を少なくして再挑戦です。

次に試したのが、豆乳とサイリウムだけだと溶けるのならば、豆乳を少なくして小麦粉を加えたら、溶けたりないのでは?と考えたのですが、せっかくならと、大豆繋がりでおからパウダーを利用してみました。


しかし、今度は豆乳を少なくしすぎたのかおから粉が多すぎたのか、いくら焼いても中に粉っぽさが残っています。
焼き方が足りないのか?と更に焼いても、表面が焦げるだけで変化はありません。
仕方なく、今度は蒸してみたのですが、全体にふやけてネチャネチャした感じになってしまいました。

ネチャネチャした中に焦げた苦味と、たっぷり吸った油のしつこさが残っていて、正直、今まで食べたものの中でも3本の指に入るのでは?と思うほど不味かったです。

味の方も、餅自体に何の味もないので、醤油をかけてみたりしたのですが、いかんせん食感が悪すぎます。

何とか我慢して完食したのですが、翌日見事にお腹を下しました。
豆乳おから餅だけが原因とは言いきれませんが、そのくらい不味かったのは事実です。

配分を変えて再挑戦

懲りない私は、豆乳・オオバコ・おから粉の配分を変えて再挑戦してみる事にしたのですが、これが大成功!
これは餅なのか?と言われると微妙ですが、美味しく食べられたのでヨシとします。

材料の配分は以下の通りです。

豆乳200ml
オオバコ 小さじ2杯
おから粉 大さじ3杯
小葱 4~5本
出汁の素 8g

材料を全てボールに入れて混ぜていくと、適度に粘り気が出来て、良い感じにまとまってくれました。
前回の反省を踏まえて、今回は小さなハンバーグ状にして、まずは一個焼いてみました。

溶け出す様子はありませんし、なにやらホットケーキを焼いているようで良い感じに焼けました。
おそるおそる口にしてみると……「美味しい!

餅というより山芋を多く使ったお好み焼きに近い気がしますが、モッチリフワフワで、中に入れたネギがシャキシャキです。
前回の味が無かった事の反省から入れたみた、出汁の素も良い感じに味をまとめてくれて、これならいけそうです。

完成!豆乳おから餅(バター醤油味)

小さなハンバーグ状に丸めた豆乳おから餅を、フライパンでホットケーキのように、両面がきつね色になるまで焼いて、バターと醤油で味付けしてみました。

ダイエット中の方にはバター無しで美味しく食べられると思います

出来上がった物を実食したみると、本当に山芋を使ったお好み焼きのようで、モッチリした食感にシャキシャキとしたネギのアクセント、和風の出汁とバター醤油も全然違和感ありません。

これなら混ぜ込む具材とかトッピングとか、色々アレンジが出来そうです。
豆乳おから餅は、材料を混ぜて焼くだけで簡単ですし、カロリーも控え目なので、ダイエット中の方にもお勧めです。
是非一度お試しあれ!

ボッチ飯
スポンサーリンク
katsu-botciをフォローする
オッサンのボッチな日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました